理想とされる看護師の条件

看護師になったからには、良い看護師を目指したいものです。私にとって良い看護師とは、患者と親身に接することができ、尚且つ技術を有した人のことだと考えています。
看護師として的確な判断や動きができたとしても、患者を物のように扱えば当然信頼される看護師にはなれません。患者も間違いなく同じ人間なので、流れ作業のように雑な扱いを受ければ落ち込みますし怒りも発生します。すると、患者に認めてもらえず業務が滞るなどのトラブルが出てきます。

逆に、患者への接し方が上手くても技術が伴わなければ話になりません。注射の場所を間違える、薬を間違えるなどをすると患者の生命の危機に直結します。では、どのようにして技術を上げていくかですが、これは日々の勉強や経験を積み重ねるしかありません。看護師として働く以上、毎日失敗や失敗未遂、成功を体験します。それらを糧にし、良い行動は続けていき、失敗は見直す必要があります。これを繰り返すことで、より経験豊富な看護師へと成長できるのです。

また、先輩看護師にも体験談を聞き、別の視点からの意見も頭の中に入れておきたいところです。勉強に関しては、終わりがありません。日々復習し、知識を盤石なものにするとあらゆる場面で右往左往せず対応できるようになります。患者への接し方は、答えがない分難しいものですが、とにかく親身になることが基本です。患者を助けたいという気持ちを全面に出せば、患者側も必ず心を開いてくれます。相手を警戒させないためにも常に笑顔を保ち、優しい口調で話しかけることを心掛けましょう。

◆推奨サイト・・・『あなたは良い看護師ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です